FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

R大初訪問!

こんばんは。
新主事研修も終わり、少しずつ学内訪問を始めています。
(昨日はS大、O大にお邪魔してきました)

今日はR大を訪問。
良い感じの校庭を横切り、建物の美しさに見とれつつ、部室棟に足を運びます。

R大聖研は、50年も続く伝統サークルで、部室にはソファやエアコンやそれに冷蔵庫(!)まであって、とても居心地の良い空間でした。同じ部室棟には住人もいるとかいないとか…。


今日は創世記3章の聖研でした。

創世記1-3章は何十回と読んでますし、聖研も数回していますが、いつも新しい側面が見える深みのある箇所です。

とりわけ、今回の聖研では、
「アダム達に禁断の木の実を食べたらどうなるか(結果の詳細)を教えないで、ここまでひどい裁きをするなんて神様はひどいんじゃないか?そして、彼らは限られた情報で正しく判断することができたのか?」
という新入生T君の意見から、どんどん考えが広がっていきました。


色々な意見が出ましたが、特に心に残ったのは次のような意見です。

例えば、3歳児の子どもに「石を投げちゃダメ」とお母さんが禁止する場合、
詳細(お母さんは、その投石によってガラスが割れて怪我するとか数万円の弁償をしないといけない)までは言わないかもしれない。
けれども、子どもは禁止の意味を全てを理解していないにしても、その禁止の命令を守る責任と自由があること。

服従というのは、その命令の意味の全貌が見えていない場合でも、従うべき相手に対する信頼が問われていることを学びました。(それは盲従ではなくて、これまで築いてきた相手との信頼関係によるのです)

とっても面白い聖研でした。今後のR大聖研にも期待です!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。